カテゴリ:
ボリウッド映画、「チェイス!」東京国際で10月29日の午後に一回上映の後、
1 2 月5日から全国ロードショウですね~。
29日には主役のアーミル・カーンが来日して登壇!
私はシャー・ルク・カーンのファンだけど、
ボリウッドのビッグスター、3カーンの内の一人が来日だからとりあえずうれしいです。

「チェイス!」はDhoom 3っていうのが原題。1と2もあるけど続きの話じゃないので
見てなくても問題無し。

Dhoomっていうのは文字通りだと「騒音」「爆音」「爆風」的な意味で、
Dhoom Machaleっていうテーマ曲も文字通りだと「爆音を上げる」ってなるけど、
「騒ごうぜ」「楽しもうぜ」的な意味合いでも使われるみたいだ。


でも、日本ではとにかく映画の中でアーミル・カーン扮する
サヒールをアビシェク・バッチャン扮する警官のジャイとウダイ・チョプラー扮する相棒のアリが、 
追いかけるから邦題「チェイス!」になったのでもう元の意味はどうでもいいんですw

公式 HPはココね。
60秒予告編は↓
 


インド映画だけど舞台はシカゴだし、内容的にも特にインド的な習慣やら文化やら
もっともらしいインドな薀蓄とか知る必要もなし。
ハリウッドや日本のドラマを見る感覚で
普通にただ見て楽しめる映画なので、
これまでインド映画、ボリウッド・ヒンディー語の映画を見たことない
はじめてさんにも持って来いの映画。(もちろんインド映画好きの皆さんも楽しめますけど~)
登場人物も複雑でなくシンプルで分かりやすい。

インド映画長いんでしょ~って人にも実は映画元の尺は162分なんだけど
どこかカットして147分にしてあるそうだから、インド映画のファンの間では
ブーイングも出ているけど長いインド映画を見慣れてない人には
短めにしてある方が観に行きやすいかなとも思っている。
(最初の方のウダイとアビシェクの登場の乱闘っぽいシーンと
真ん中あたりの歌と踊りのシーンは一曲くらいとウダイの妄想シーンのいくつかカットされてるかもねと予想)

でもこの「チェイス!」は脚本、ストーリーがとてもしっかりしていて、
伏線と伏線の回収もきっちりあってインド以外の映画もたくさんみてきた
私にとっても納得のストーリー展開。
インドとかどこの国の映画とか関係なく
ドキドキしながら話に引き込まれていく。

そして、演技の虫のアーミルの演技もうまいし、
対峙するアビシェクもこの映画では光ってます。
カトリーナ・カイフの抜群のスタイルと美脚、女性の私でも目の保養になります。
そして、笑顔もすてき♪
ウダイもなんか馬鹿にされたりしてるけど、私は応援している。
(今回カット多いかもだけど)コミックロールのお馬鹿さを出す演技に徹してて
この映画の間抜けな女の子好き、妄想好きのお馬鹿な感じも好きだ。

あとは邦題にもなった「チェイス」が度肝抜かれますから~。

大ヒットしただけあって、いいとこいっぱいの映画ですよ。

歌と踊りのシーンもあるけど、一番この映画で素晴らしいのは
Malangって曲。これは見もので山場。長くてもここだけは寝てはダメです。


従来のインド映画好きだけでなく、今までインド映画見たことない、
あるいは最近日本で上映された歌って踊ってのほとんどない「マダム・イン・ニューヨーク」や
歌だけの「バルフィ―!」
そして「めぐり逢わせのお弁当」あたりでインド映画に興味持った人が
歌って踊ってのインド映画ってどんなのかしら?!って人たちにも見てもらいたい映画です。

とにかく「チェイス!」、従来のインド映画好きだけでなく、幅広い層に映画館に足を
運んでもらうことが今後のインド映画の日本での字幕付き上映の弾みになるんじゃないかって
思っているのですよ。

「チェイス!」はそういう意味ではさすが日活さん目の付け所が良いなと。
インド的な知識があったり、事情通でないと分かりにくいっていうのが
インド映画が日本で上映されにくい理由の一つでもあったけど
そういうのは関係なく見れるのをうまく選んできたなと。
もちろん昨年の「きっと、うまくいく」のヒットで主役のアーミルの映画を持ってきた
っていうのが直接のきっかけともいえるけど、、、。

「チェイス!」は男子も女子も両方楽しめる映画です。

女性で苦手な人が多い、目を覆うような銃撃戦やら、
殴り合って血まみれになったりとかもないから安心して見れますよ。
そいういうところは安心して、でもスリリングなアクション映画です。

あっ、それとこの映画見てよかったら、映画館の人に「カットしてないフルバージョンも上映してね」って
声かけてみるといいかも。カット版上映は残念だけどまずヒットさせて
ワンステップ踏んでフル上映って感じになったらいいなと。
一つ一つの上映でヒットを積み重ねてそしてさらにまた次のインド映画上映につなげていくって感じが
今の日本に現状にあったステップかなと。

いろいろ他にも書きたいことはあるけど、
とりあえずさくっと「チェイス!」のおすすめポイントを書いてみました。

http://golden-asia.jp/
【ストーリーは上記から】
マジックとダンスを融合したゴージャスなショーを繰り広げて、シカゴ中を熱狂の渦に巻き込むサーカス団を率いる天才トリックスター:サーヒル。その裏の顔は、幼いときに父を破滅に追い込んだ銀行への復讐を誓い、犯行を重ねる腕利きの金庫破りだった。
ハイテクバイクを駆使して、あざ笑うかの様に鮮やかに逃走する手口に手を焼いた警察は、現場に残された手掛かりから犯人をインド系と特定。
本国から犯罪検挙率No.1の刑事ジャイとその相棒アリを投入する。しかし、捜査を開始するジャイの前に現れたサーヒルは、人生最大のトリックを隠していた・・・いま、天才トリックスターvsインドNo.1刑事の頭脳と体力を駆使したチェイスが始まる!
全世界興収も製作費もインド映画史上歴代No.1!インドの誇る“世界で最も影響力のある100人”の国宝級俳優アーミル・カーンを迎えて、世界を驚かせたスーパーアクションが、絢爛豪華に幕を開ける!